熊本大学大学院社会文化科学研究科 教授システム学専攻 ホーム サイトマップ お問い合わせ 教授システム学専攻 English お知らせご挨拶コンセプト教員科目入試教員?学生の声FAQ 科目(シラバス)
 
博士前期(修士)課程   博士後期課程  
Infomation technology
基盤的情報処理論
担当教員: 松葉 龍一
必修/選択 自由 単位数
学部においてIT分野の履修を未履修、またはこの分野の知識技能の教科が必要な学生に対する導入科目。eラーニング教材の開発に必要な情報処理基礎知識(特にWeb活用)を修得する。エディターを利用したHTMLの構築及びインタラクティブな Webページ構築に必要なスクリプト言語を修得するとともに、マルチメディア情報と編集加工を含めWebとの連携について、具体的な動作を含め理解を深める。



1前 2
1後  
2前  
2後  
前提科目
なし
評価の方法

本講義受講の必要の有無について、プレースメントテストにおいて判断する。
(プレースメントテストの結果が60点未満の場合は、かならず受講すること。また、80点以上の場合は本科目の受講を認めない。60点以上80点未満の場合は、受講者自身が判断。)

次の課題についての累積点数で評価する。ただし、すべての課題が合格点に達していることを単位取得条件とする。

[課題1]テーマ毎の問題(一定期間複数回解答可能)の最終採点結果(50点)

[課題2]作成したWebページの評価(50点)
(課題[2-2]は、学生による相互評価を含む)
[2-1]:マルチメディア情報を含む文書の作成と、ネットワークを利用した提出。
[2-2]:CSSとJavaScriptを利用した動的Webページの作成

内容
第1回 はじめに:情報リテラシー1 (OSの基本動作とファイルシステム、インターネットの成り立ち・歴史)
第2回 情報リテラシー2 (電子メールの基本動作:POPとSMTP)
第3回 情報リテラシー3 (アプリケーションソフト:Office系Tool)
第4回 情報リテラシー4 (プレゼンテーション用ソフト、ドロー系ソフト)
第5回 情報リテラシー5(ペイント系ソフト、画像ファイルの形式とその特色)
第6回 HTMLとCSS 1 (HTMLの基本文法、エディター、メタ情報)
第7回 HTMLとCSS 2 (文字飾り、箇条書、表、フレーム)
第8回 HTMLとCSS 3(URIとサーバ:SCP、FTP)
第9回 HTMLとCSS 4 (アニメーションGIF、情報倫理(情報発信の際の留意事項)、CSS(1))
第10回 HTMLとCSS 5 (CSS(2))
第11回 JavaScript1 (インタラクティブなページ)
第12回 JavaScript2 (基本構文、制御構造(if、for、etc.))
第13回 JavaScript3 (イベント検出、マルチメディア情報の応用、プログラミングTIPS)
第14回 WEBページ作成:課題について
第15回 課題についての相互評価
●:必修科目 ◎: 選択科目(この時期の履修を推奨するもの) ○: 選択科目(この時期の履修も可能なもの)

 
キャンパスライフ
公開科目
IDポータル
研究紹介
大学院教育改革プロジェクト
資料請求
熊本大学eラーニング推進機構
熊本大学大学院社会文化研究科
熊本大学TOP
 
博士後期課程

博士前期(修士)課程

  → Instructional Design

  → Information Technology

  → Instructional Management

  → Intellectual Property

  → 総合

  → GP

  → その他専門分野