熊本大学大学院社会文化科学研究科 教授システム学専攻 ホーム サイトマップ お問い合わせ 教授システム学専攻 English お知らせご挨拶コンセプト教員科目入試教員?学生の声FAQ 科目(シラバス)
 
博士前期(修士)課程   博士後期課程  
Instructional Design
eラーニング概論  
担当教員:
必修/選択 必修 単位数
eラーニングを教育に導入するための基礎修得科目。 任意のeラーニング事例を取り上げ、指定された分析の視点から事例の分析・複数の改善点を提案できるようになることをめざす科目。eラーニングやその周辺領域を概観し、インストラクショナルデザイン、教育・学習に関する理論、インターネット、メディア、プロジェクトマネジメント、関連法規等に関する知識を学び、社会人教育・高等教育におけるeラーニングを実現するために必須な着眼点を養う。



1前 2
1後  
2前  
2後  
前提科目
なし
評価の方法
次の課題についての累積点数で評価する。ただし、すべての課題が合格点に達していることを単位取得条件とする。

[課題1] eラーニング業界調査(30点)
企業内教育または学校教育いずれかにおけるeラーニングの活用事例を1つ挙げ、概要や分類、特徴等について報告する。掲示板にアップロードした報告書について相互にコメントをつけ合ったのち提出する。

[課題2] 受講者データeラーニングコンテンツ評価チェックリスト(30点)
eラーニングコンテンツ評価をするためのチェックリストの試作版について、内容を吟味し、バージョンアップする。掲示板にアップロードした報告書について相互にコメントをつけ合ったのち提出する。

[課題3] ユーザへの運営アドバイス抽出(30点)
eラーニングを導入しようとするユーザに対するアドバイスを、プロジェクトマネジメント、コンプライアンス、個人情報保護、著作権の各面で抽出し報告する。アップロードした報告書について相互にコメントをつけ合ったのち提出する。

[課題4] リフレクションペーパー(10点)
本科目を学習しての収穫、eLPベーシックのコンピテンシー一覧と自らの照合・比較、本科目全体についての感想・コメントを報告する。

内容
第1回 講義概要の説明とeラーニング体験報告
第2回 eラーニングとは何か
第3回 企業内教育におけるeラーニング
第4回 高等教育におけるeラーニング
第5回 eラーニングが用いられる場
第6回 eラーニングとインストラクショナル・デザイン
第7回 教育・学習理論の基礎
第8回 教授法の基礎
第9回 eラーニングとインターネット、LMS、標準化
第10回 eラーニングとメディア
第11回 プロジェクトマネジメント入門
第12回 eラーニングプロジェクトの基礎
第13回 eラーニング関連法規・コンプライアンス・知的財産権・個人情報保護
第14回 ユーザへの運営アドバイス
第15回 リフレクション
●:必修科目 ◎: 選択科目(この時期の履修を推奨するもの) ○: 選択科目(この時期の履修も可能なもの)

 
キャンパスライフ
公開科目
IDポータル
研究紹介
大学院教育改革プロジェクト
資料請求
熊本大学eラーニング推進機構
熊本大学大学院社会文化研究科
熊本大学TOP
 
博士後期課程

博士前期(修士)課程

  → Instructional Design

  → Information Technology

  → Instructional Management

  → Intellectual Property

  → 総合

  → GP

  → その他専門分野